ソシャゲ離れがトレンドに、ソシャゲに対する想いとは?

スポンサーリンク

少し前にゲーム中毒の話題が出たとおもえば、今はソシャゲ離れがトレンドに上がっています。
気づいたらソシャゲに生活を支配されていることを感じた人が次々と引退していっているそうです。このようにソシャゲをやり始めた人がソシャゲを辞めるまでの過程をソシャゲに対する想いとともに段階別に考察していきたいと思います。

1. 始めたときは楽しいゲームだった
ソシャゲを最初にスマホにインストールして始めたとき、未知との遭遇にワクワクしながらプレイした人もいるのではないでしょうか?まだ見たことのないストーリー、触ったことのないシステム、オートプレイのシステムがあってもあえてマニュアルで操作しながら楽しむ人もいたと思います。

2. 既存のストーリーをクリアしてある程度満足できた
ゲームを進めていくと現在解放されているストーリーを一通りクリアし、ひと満足できます。ソシャゲではなく普通のゲームの場合であればここでプレイを辞めてしまう方も多いのかもしれません。

3. イベントをクリアするため効率化を意識し、作業化する
ある程度プレイするとそこそこの強さが手に入りますが、それでは終わりません。たびたびおこなわれる高難度のイベントをクリアするために日々のレベルアップに余念がありません。暇さえあればゲームを監視し、効率の良いクエストを調査し、仕事のようにプレイしてしまっています。

4. さらなる強さを求め、課金沼にはまる
忙しい現代人がソシャゲで強さを手に入れるためには空き時間にコツコツぷれいするだけでは限界があります。そこでお金で強さを手に入れる、課金という禁断の果実に手を出してしまいます。
そしてこれには終わりがありません、何せトップクラスのプレイヤーはお金も時間も潤沢にある廃人です。それでも少しでも近づくため課金を辞めることができなくなります。

5. ふと、むなしさを感じ、ソシャゲを起動しなくなっていく
毎日のデイリー消化、廃課金、あんなに熱をもってやっていたソシャゲでも、ふとした瞬間
「あれ、俺、なにやってんだろ?」という瞬間が来ます。そう考えてしまったが最後ソシャゲの起動頻度は落ち、しまいには引退してしまいます。

人にもよるとは思いますが、ソシャゲをプレイする人は大体このような心境になっているのではないかとおもいます。わたしも3.の段階まで進めてしまっているソシャゲはいくつかあります。

いま、あなたはソシャゲを楽しめてますか?

楽しめていないのであればソシャゲ離れした方が幸せになれるのかもしれません

コメント