何もスキルがなくて独立できない?だったらVtuberをはじめよう

スポンサーリンク

現在会社に勤めていてその状況がつらすぎる、できれば辞めて独立して一人で気楽に生活していきたい。
そう思う方は少なくないのではないでしょうか?
なのに、独立するスキルがないからそんなの無理、とあきらめてしまっている人も多くいるはずです。
そこでおすすめするのは一旦仕事をしながらVtuberになってみる事です。
なぜか?
独立するための多くのスキルはVtuber活動で楽しく効率的に培えるからです。

・動画編集スキル
Vtuberはyoutubeに動画を投稿したり配信したりすることがメインの活動になります。
そのためには動画編集の技術が必要不可欠になります。動画編集はインターネットに情報がたくさんありますので、調べていけば思ったより難しくないことが理解できるはずです。そして投稿していくにつれ、もっと良い動画が作りたいという思いから動画編集の技術は向上していくはずです。
そうなればもう、動画編集の仕事を請け負えるスキルが育っているはずです。

・イラスト/モデリングスキル
Vtuberには2Dのイラストや3Dモデルなどが必要不可欠です。それらを自分で作るのであれば当然技術は必要になります。なので自分で勉強して絵を描けるようになったり、LIVE2Dや3Dモデルを作れるようになれば、当然そのような仕事を請け負うこともできますよね。
しかし、どうしても自分でできない場合は委託することも可能です。
それじゃスキルが育たないじゃないか?と思う方もいるかもしれませんが、大丈夫です。
他のスキルが成長します。それが次に紹介するマネジメントスキルです。

・マネジメントスキル
自分でイラストやモデルづくりがどうしてもできない場合は、できる方に依頼することになります。
その場合は当然仕事を請け負ってくれる方とのコミュニケーションが発生します。自分の要望を伝え、正確に作業してもらう。納期などの日程管理を行う。それこそがマネジメントです。
このスキルは独立して業者やフリーランスとのやり取りに確実に役立ちます。

・営業スキル
Vtuberは動画を作るだけではほぼ見てもらえません、再生数10回いかないなんてこともよくあります。なので、自分の動画をPRする営業活動が必要不可欠です。よく使われるのがtwitterなどのSNSです。そこで自分をアピールし、より多くの人に見てもらえるよう日々投稿する内容を吟味し、いいねやリツイートが多くなるよう工夫を凝らします。
そしてそれこそが営業スキルです。自分の価値を分かりやすく相手に伝え、商材を購入してもらう。汎用性の高いスキルです。

・スルースキル
Vtuber活動を続けてある程度人気がでてくると、アンチと呼ばれる迷惑な方々が発生することがあります。自分への罵詈雑言、誹謗中傷、やりたい放題です。そんなかたを即座にブロックし、気にしない。それがスルースキルです。このスキルがないと無駄に気にしてしまい、精神を病み、独立して仕事を続けていくことが難しくなります。どんな仕事にもクレーマーはいるものです。意外と大事なスキルです。

・分析スキル
Vtuber活動では自分が投稿した動画を見返し、再生数や視聴維持率から動画の改善点を見つけてどんどん改善していくことも重要です。それを繰り返していくことで動画のクオリティは上がりますし、分析して改善するというスキルが育っていきます。独立して仕事をするならうまくいかなくなることもたくさんあります、そこで分析スキルがあれば、次に生かして仕事を続けていくことができます。

・ナレーションスキル
Vtuberの声を自分でやる方は、自分で声を収録しなければなりません。そこで気づくはずです、自分の声がどれだけ醜悪なものであったか…。実際に自分の声を録音して聞いてみて下さい、最初は何だこれは…ひどすぎる…と思う人が多いのではないでしょうか、私もそうでした。
そこで発声方法などを調べ練習をし、自分の声を改善することが必要になります。
自分で聞いてまあまあいけるかなのレベルまでいけば、ナレーションの仕事を受けることができるようになります。もちろん練習した声は商談などにも使えますので汎用も高いスキルです。

・ポートフォリオ
これはスキルではありませんが、非常に大切なものです。
個人で事業を始めるにあたって困るのが、自分の実績がないことです。依頼者は仕事をしてくれる方の実績をみて依頼するかを決めるので、実績がない人には基本的に依頼が来ません。
じゃあ無理だ…とあきらめるのは早いです。Vtuberの活動、それこそが実績です。

動画編集やナレーションの仕事に応募する際、Vtuberとして投稿した動画のURLを貼ればいいんです。そう、それこそがポートフォリオです。ポートフォリオとは今までの実績や自分のスキルなどを表す自分の商品紹介のようなものです。それがあれば未経験でも十分な武器になり仕事に採用される確率が確実にアップします。
視聴回数10回の動画でも出来が良ければポートフォリオとして十分機能しますので無駄になりません。

以上、Vtuber活動で得られる独立のためのスキルでした。
私も実はVtuber活動をして、そのおかげでいくつかの仕事を頂くことができています。
中には時給換算で3000円を超える仕事もありました。これはVtuber活動をしていなければもらえなかった仕事です。
独立したいけどスキルがないという方、ぜひVtuber活動を始めてみて下さい。

コメント