頑張った自分へのご褒美には頑張らない〇〇が最適な理由

スポンサーリンク

皆さんは頑張った自分へのご褒美という発想はありますでしょうか?
私にはない発想ですが、世間では仕事などで疲れた自分を癒すために、贅沢品を買ったりしているそうです。
確かに日々ストレスと戦っている方々はそういったバランスのとり方が必要なのかもしれません。
しかしこれって根本的な解決になっていないのではないでしょうか?
自分へのご褒美の意味と最適なご褒美について考えてみました。

・世間一般の頑張った自分へのご褒美は対処療法
以前勤めていた会社などで聞いた話では自分へのご褒美のために行っていることは旅行や食事、趣味や贅沢品の購入など、お金をつかって自分のストレスを発散するという目的がほとんどでした。しかしこれでは与えられているストレスを対処療法的に発散しているだけで、自分が受けているストレスが減ることはありません。むしろぜいたく品に慣れてしまってどんどん消費が増えてしまう懸念さえあります。

・受けるストレスを減らすことが将来的にご褒美になる
普通に会社に勤めているとどんどんストレスが増えていくことも多いです。立場が上がり、責任が増え、問題がどんどん積み重なっていきます。そうなると給料も上がるので自分へのご褒美のグレードはどんどん上がっていくのではないでしょうか?
せっかく収入が増えてもこれではあまり意味がないのではと私は思います。
そこで、自分へのご褒美として将来的に受けるストレスを減らすことができないか考えてみましょう。

一番に思いつくのが仕事を辞める事ではないでしょうか?
仕事を辞めて働かずに生きていくことができればそれが一番のご褒美だと私は思います。

しかし、仕事を辞めてしまっては収入が無くなり、生活ができません。生活保護を受けるのも簡単ではありません。だったらどうしたらいいのでしょうか?

・不労所得を増やす、金の鶏を買う、もしくは育てる
株式や、投資商品などで不労所得があれば今より収入が少なくて楽な仕事に転職することだって容易になります。世間の多くの人は投資商品にマイナスのイメージを持っていますが、よく調べれば調べるほど、資産を少しずつ増やしていくのがそれほど難しくないということが分かるはずです。もちろんハイリスクハイリターンのものもありますので、このへんはご自分で調べて判断してみて下さい。
もう一つはアフリエイトサイト、youtubeチャンネルなどの自分の資産を育てることです。こちらは外部委託せず自分でやればほぼお金を使わなくてもできることです。うまく育つかは自分次第ですが、対処療法だと分かっている贅沢をするよりは有効だと私は思っています。

・頑張らない仕事へのスキルアップ
自分が会社のなかで仕事をしていく中で、この仕事はつらい、この仕事はつらくないというものが出てくるのではないでしょうか?人それぞれ得手不得手もあれば好き嫌いもあります。だったらやってもストレスにならないことを仕事にすればストレスは確実に減りますよね。私の場合は絵をかくのは普通の仕事よりストレスにならないので絵を練習しました。
このようにストレスにならないことを仕事レベルでできる用にスキルアップするのも自分へのご褒美の一環ではないでしょうか?

・頑張らない環境づくりが一番のご褒美
上記の事をまとめると、とにかく自分が頑張らなくても生きていける環境を構築することが本質的に自分へのご褒美につながるのではないでしょうか?そう思えば旅行や贅沢品に使う時間やお金を投資商品やスキルアップにまわすことへの抵抗は減りますよね。

以上、自分へのご褒美がすぎて将来の自分を苦しめそうになっている方はご参考になればと思います。

コメント