人生をゲーム化することで成功者になれる4つの理由

スポンサーリンク

皆さんはゲームをしたことってありますか?ゲーム全盛期だったころの世代が大人になることで幅広い年代にゲームが浸透しているような気がします。
その中でも育成ゲームやシミュレーションゲームでは、主人公の判断によって、自身のステータス向上や、仲間たちを導きながら攻略していくものが多いのではないでしょうか?

ここで気づいたのが、現実世界で成功している人たちは大抵、ゲームを攻略するようにたくさんの判断をこなしてきた人たちなのではないか?ということです。
大体そういう人たちが自分語りをする内容はゲームのようにドラマティックで色々自分で道を選んできたという話が多い気がします。

つまり、人生をゲームのように感じることができれば成功者になれるのではないでしょうか?
今回はその理由をご紹介します。

躊躇なく素早い判断ができる
ゲームで失敗しても、すぐリセットできますし、自分の実生活に対して影響はありません。だからこそ、多少リスクのある判断でも、躊躇なく素早く選択することができます。
現実の成功者がやっていることもこれと同じなのではないでしょうか?リスクがあっても構わず突き進みいくつも失敗を積み重ねてきた人が成功しているのでは?とおもいます。
人生をつまらなく過ごしている人ほど、そういった判断をしていないのではないでしょうか?
ずっと同じ会社で不満を持ちながらほとんど変化なくつまらない毎日を愚痴を言いながら送っている人です。

・感情に左右されず自分を客観的に見つめられる
ゲームには主人公がいても、プレーヤー側は主人公以外の周りの仲間やゲーム状況などを客観的に見つめながらプレーしているはずです。主人公がゲームの中で怒っているとしても、プレーヤーも一緒になって怒りながらプレイしている人ってなかなかいませんよね。
現実世界でも自分をあくまで登場人物の一人として認識することができれば、感情に左右されず自自分を冷静に見ることができるようになるのではないでしょうか?
そうすれば現実世界でもやるべきことがゲームの選択肢のように頭の中に見えてくるかもしれません。

・ステータスや状況を可視化できる
ほとんどのゲームは主人公のステータスや現在の進行状況などが分かるようになっています。
現実世界でも自分の実力や世界の流れなどが分かれば、攻略難易度は下がると思いませんか?
そんなんできるわけないじゃんと思うかもしれませんが、分かる情報は結構あるはずです。

自分の資格や、いままでの経験が分かれば自分のステータスをある程度出すことはできますし、ニュースやyoutubeなどのメディアをみれば世の中がどういう状況なのか把握できます。
そしてそれをテキストファイルなどに書き起こしてみるのはどうでしょうか?
ゲーム感がでてきますよね。
何も考えず行動するより、そういった指針があった方が迷う時間が減り、より良い判断ができるのではないかとおもいます。

・失敗してもどうにでもなると思える
ゲームに失敗したらプレーヤーは死なない、現実世界は失敗したら死ぬ。
そう思って、現実世界で慎重になり過ぎて行動できない方って多いのではないでしょうか?
ゲームのように失敗しても何とかなることが分かっていればもっと挑戦できるのになぁ…
と考える方もいると思います。

ですが、実は意外と現実で失敗しても何とかなるのではないでしょうか?
もちろん、命にかかわる危険なことをして失敗すれば死んでしまうかもしれませんが、経済的、社会的損失であれば、最悪自己破産や、生活保護といったセーフティーがありますし、自分で稼ぐことも難しくない世の中になっていますので、思ったよりつらい状況にはなりにくいのではないのかと思います。

ゲームをプレイする時のように失敗を恐れない気持ちが成功者には必要だと思います。

以上、人生をゲーム化することで成功者になれる4つの理由、ご理解いただけましたでしょうか?
もし今の生活に不満があるのであれば、思い切って人生を頭の中でゲーム化して一歩をふみだすのもアリかもしれませんよ。

コメント