コロナ対策で浮き彫りになる会社で働くことの3つのデメリット

スポンサーリンク

コロナ対策で 緊急事態宣言が出され、自宅勤務が推奨される中、SNS上で自分の会社が自宅勤務をさせてくれない、利益を重視して従業員のことを考えてくれないと、嘆きの声が多く上がっています。私も会社に勤めていた頃であれば、なんだかんだで出勤は免れなかったと思います。

ここで改めて頭に浮かぶのが、会社で働くことのデメリットです。
そこで、コロナ対策で浮き彫りになった会社で働くことのデメリットを3つ紹介します。

このまま会社を続けるのか、それとも辞めて独立するのかの判断基準になればと思います。

・ハイリスクな通勤を強要される
コロナの影響で最も浮き彫りになったのが、満員電車などの通勤による新型コロナ感染リスクです。何もこれはコロナが流行っている今だけの事ではありません、風邪は一年中感染するリスクがありますし、冬場はインフルエンザもあります。

この通勤という無駄な行為はコロナをきっかけになくなって欲しいものですが、職業によってはそうもいかないことも事実です。
医療従事者や介護職、現場で働かなければいけない人たちは通勤は必須です。

しかし一方、事務職など確実にリモート化できる仕事であるにもかかわらず、セキュリティのためや、顔を突き合わせて仕事をする方が効率がいいなどとと理由を挙げてこの現状でも自宅勤務をかたくなに断っている会社もあるそうです。

そんなのおかしい、自宅勤務させろ、といくら従業員が声を上げたところでそれが変わることはほとんどないと思います。
なぜなら会社の意思決定権は結局のところ社長と役員が持っており、それらの人物が今の現状をみて自宅勤務をしないと決定した以上、いくら一般社員が声を上げたところで戯言にしか聞こえていないからです。

そんな会社で今通勤をしたくないのであれば、欠勤するか辞めるしか選択肢はありません。

・倒産したら無職
今回のコロナの影響で主に中小企業を中心に倒産の危機に陥っている会社も多いと言われています。
その原因としては利益が出にくくなった今、会社の事務所や店舗の家賃、従業員の給料
これらの経費がダイレクトに会社の資産を圧迫していることが考えられます。
資産の少ない企業であれば普通につぶれます。

このように、意外と簡単に会社ってつぶれてしまうんですよね。
会社がつぶれてしまえば晴れて無職です。

スキルのある人であればいい会社に再就職するのも簡単かもしれませんが
そうでなければ今より条件の悪い会社でも就職せざるを得なくなります。
どんどん転落していく人生です…

・会社で働くことは多くの人にストレスフル
そもそも会社で働くこと自体、ものすごくストレスが多くないでしょうか?
私がいままで働いてきた会社も多くの人がごく少数の人のためにストレスを抱えながら仕事をしている構図でした。

つまり会社のなかでストレスがなく快適に働けているのは上層部の人間か良いポジションをゲットしたごく少数の人間で、それ以外は毎日ストレスに耐えながら働いています。

そんな生活を送っていたら確実に寿命は縮まりますし、病気の原因にもなります。
今はそこまでして会社にしがみついて働かないといけない時代でしょうか?

じゃあどうすればいいのか?

会社を辞めて独立する準備を始めましょう
とにかく一人で稼げるスキルを身に着けることをお勧めします。
このブログもそうですし今はyoutubeなどもいいですね
すぐにお金にしたければクラウドソーシングという手もあります。

もちろんすべてが自己責任になるリスクもありますが
会社で働き続ける事自体が昔と比べてハイリスクになっていると日々感じます。

ランサーズ

クラウドワークス

ココナラ

コメント