【偽物CPU分解】Ryzen7 2700Xのジャンク品を殻割りした結果

スポンサーリンク

以前ヤフオクで騙されて購入してしまった
Ryzen7 2700Xのジャンク品
こちらの記事で本物との違いを比較していますが
https://setsuyaku-neet.com/?p=1303
使いようがないので試しに分解してみました

この記事を見ていただければ
偽物ジャンク品Ryzen7 2700Xの分解方法と
その中身が分かります

Ryzen7殻割り

・殻割り方法
使用した道具
本来は下記リンク先のような殻割りツールを使うべきなのでしょうが
https://amzn.to/3duEQ8F
Ryzenは殻割りするメリットがないからなのかツールが見つからず
どうせ壊れてもいい偽物なので
強引にいきます

接着剤はがし液
カッター
万力
ドライバービット

まず接着剤はがし液でヒートスプレッダと基盤との接着を緩めようと試みます
正直効果があったかどうかは分かりません
独特の嫌な臭いがするので使わない方がいいかもしれません

カッターで接着剤を削ろうとしますが
カッターの刃が太すぎてヒートスプレッダと基盤の間にうまく入りません
結局周りの接着剤を少しはがしただけでした

次は万力で挟んでずらそうと試みます
普通に挟むと基盤がつぶれるだけなので
万力とヒートスプレッダの間にドライバービッドを挟んで
うまくヒートスプレッダがずれるようにしました

思いっきり万力で絞めてもびくともしません
無理に閉めようとすると万力がずれて外れてしまいます
なので万力でしめたまま接着剤はがし液をさらにつけて
一晩おきました

一晩おくと、うまい事ヒートスプレッダ部分がずれ
さらに万力でしめることができるようになっていました

それでもヒートスプレッダが外れることはありませんでしたが
基盤との隙間が0.5ミリほど空いたのでカッターを隙間に差し込み接着剤を切断
無事にヒートスプレッダを外すことができました

・殻割りした結果
無事と言いましたが全然無事ではなかったです
接着剤の近くにチップがあったので一緒にバッサリ切断してしまっています
基盤も万力でしめまくったので削れてしまっていますね

もう使わないジャンク品なので気にしませんが
CPUの冷却性能を上げる目的での殻割りはリスクが高すぎておすすめできません

果たしてこの中身、本当は何のCPUなのか?おそらくはRyzen3あたりだと思いますが
中身でCPUを判別できる方がいましたら情報を頂けるとうれしいです。
CPUのジャンク品はこうやって殻割りの練習をするか、ブログのネタにするぐらいしか使い道がないので絶対に買わないように気をつけましょう。ヤフオクのジャンクCPUはすべて偽物と思った方がよさそうです。

コメント