お菓子は贅沢すぎる? 節約間食ランキングベスト3

スポンサーリンク

みなさん、どうしてもお腹が減って間食したくなる時、ありませんか?

そんなとき、普通にお菓子などを食べていては、何百円もかかってしまいます。
確かに市販のお菓子は手軽で美味しいですし、保存もききます、ですがその分高価です。

そこで、もっと低コストで手軽な食品はないか、いろいろと試してみました。
そして、私的ベスト3が決まりました。

第三位 氷砂糖

味    ★
値段   ★★
腹持ち  ★

氷砂糖とはグラニュー糖を固形にしたもので梅酒などを作る際に使うものです。味は甘みしかありません、飴のように舐めていれば長持ちしますが、ガリガリ噛み砕いてもおいしいです。値段はスーパーなどで1kg 500円前後といった所でしょうか、安いときには300円代で買えたりします。飴よりは安いです。特筆すべきはその賞味期限、なんと無限です。

ただし、100%糖分ですので、食べ過ぎは糖尿病の原因となりますし、虫歯にもなりやすくなります。わたしは氷砂糖を食べすぎて虫歯になりました・・・
一日何個と制限をちゃんと決めて計画的に食べて下さい。

第二位 袋麺

味   ★★
値段  ★
腹持ち ★★

あの5袋はいって300円くらいで売っているインスタント麺です。

これをお湯などかけずにそのままバリバリ食べます。

そんなの大丈夫なの?お腹壊さない?と思うかもしれませんが、意外といけます。
ただし、同じ袋麺でもそのまま食べるのに向いているものと向いていないものがありますので注意が必要です。

基本的にはノンフライ麺で無いものを選んで下さい、ノンフライ麺はそのまま食べるには硬すぎて食感がわるく、油の旨味も少ないのでおすすめできません。また、麺自体に味付けしてあるものもおすすめできません。すこしかじる程度であれば十分いけますが、1袋全部食べるとなると味が濃すぎます。

つまり、油であげてあるもので、粉末スープの袋が付いているものを選んで下さい。
大抵スーパーで一番安い袋麺であればこの条件に合致するはずです。

まず、スープの粉末を何もつけずにかじってみて、物足りなければスープの粉末を少しかけて味を調整して下さい。全部かけると味が濃すぎになりますので注意して下さい。

そのままかじる以外にも、粉末スープを半分ほど袋に流し込み、袋の上から麺をバキバキにしてくずし、シェイクして粉末スープと混ぜるという方法もあります。ただし手が汚れやすいのが難点です。1袋50円ほどでかなり空腹感は抑えられます。

第一位 食パン

味    ★★★
値段   ★★
腹持ち  ★★

言わずとしれた食パンです。
しかし、食パンふつうに間食として食べる際、一つ大きな問題があります。

それは、パンくずがボロボロとこぼれてしまうことです。間食は何かをしながら食べる場合が多いと思いますので、これは致命的です。ですので食パンは避けていたのですが、この問題を完全回避する食べ方があったのです。

その方法とは、食パンを袋越しにスティック状に圧縮して食べる方法です。
まず、食パンの袋を開けて袋の外側から中の食パンを一枚掴みます。
そして食パンを握りつぶして棒状にし、そのまま袋越しに棒状にした食パンを出してくわえればよいのです。

このやり方であればパンくずもこぼれませんし、手も汚れません。

圧縮した食パンなんておいしいの?と思うかもしれませんが、しっかりとした噛みごたえと凝縮された甘さがあり、意外と美味しいのです。
ボリュームもありますので2,3本食べれば間食としては満足ではないでしょうか。
やすい食パンは1袋70円ほどで買えますのでコスパも高いです。

ただし、食パンは賞味期限が短いですので買いだめはできません、しかしそれはデメリットだけでなく、一気に食べてしまうことを防ぐストッパーとしての機能も果たします。

以上のことから間食には食パンを棒状に圧縮して食べることをおすすめします。

コメント