最もコスパの高い殺虫剤 パーツクリーナー

スポンサーリンク

こんばんは、ウォレットンです。

皆さんは殺虫剤、つかってますか?
私は節約のため築50年超えの物件に住んでおりますので、虫との遭遇はよくあることです。
新聞を丸めてパーンとやってしまうのもいいですが、新聞はとっていませんので丸める新聞がありません。かと言って素手でバシーンとやるのは抵抗がありますよね。

そこで殺虫剤の出番です。

シューと虫にかければノックアウト、頼れる味方です。
しかし殺虫剤はなかなか高額な商品です。節約派の私にはとても手が出せません。

ゴキジェットプロ(450mL)【ゴキジェットプロ】価格:805円
(2019/2/4 21:06時点)
感想(64件)

そんなとき、役に立つのがパーツクリーナーです。

AZ CBP-001 High Power ブレーキ&パーツクリーナー 420ml ブレーキクリーナー/パーツクリーナー/脱脂洗浄剤価格:128円
(2019/2/4 21:04時点)
感想(119件)

パーツクリーナーとはどういうものかというと、主に機械の部品などの油を落としてきれいにするための洗浄剤です。
私は主に自転車のチェーンの清掃に利用しています。

ホームセンターなどに行くと100円~200円くらいで買えます。
少し値段が高くなりますが逆さ噴射OKのものもあります。

これを虫にかけるとどうなるかというと・・・窒息させる事ができます。

虫には気門という息をするための穴が複数空いているのです。
気門は普段油に守られており、水分を弾きますので、ちょっと水をかけたくらいでは塞がりません。しかし、そこにパーツクリーナーをかけるとどうでしょうか?

洗浄効果によって油が溶け、むき出しになった気門に洗浄剤が侵入します。
そこでノックアウトされてしまうわけです。

低コストで強力な殺虫効果のあるパーツクリーナーですが、欠点もあります。

それは、特有の匂いが強いことです。
正直くさいです、殺虫剤はあまり匂いがしませんので、そこは殺虫剤に軍配があがりますね。

ここまで殺虫効果を説明してきましたが。
パーツクリーナーの本業は洗浄です。

ガスレンジ周りの洗浄や床にこびりついた汚れを落としたりと、そのへんで売っている洗剤以上の効果を発揮します。ここは殺虫剤には真似できない部分です。
しかし、ゴム製品やプラスチックなどを溶かす性質がありますので、使用場所についてはパーツクリーナーの説明書きをよくご覧の上、用法をまもってご使用下さい。

パーツクリーナー、一家に一本いかがでしょうか。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

コメント