避けては通れない…バレンタインデーのお返し節約術

スポンサーリンク

今日はバレンタインデーですね。皆さんは渡したりもらったりしましたでしょうか。

私も職場で義理チョコをもらうことがあります。
そして、もらったからには同じ金額+αのお返しをしなければなりません。
結局はお高い義理チョコを自腹を切って買っているのと変わりませんよね。

この文化は日本の会社には結構根深いものです、バレンタインデーにチョコを配るのを禁止している会社もあるようですが、そんな事面接時には聞けませんし、会社に入ってみないとわからないものです。それに部署によって文化が違ったりするものですから、サラリーマンである以上不可避なイベントの一つです。

もちろん渡している方も好きで渡しているわけではありません、仕事をストレスなく円滑に進めるためのコミュニケーション手段の一つです。そしてもらった方も、同様の理由で返さざるをえないのです。これが返さなかったらどうなるか・・・表面上は特に変わりないかもしれませんが、評価はガタ落ちです。仕事で困っても助けてくれなくなるかもしれません。
なにより、返さなかったけど大丈夫だろうか…という不安を抱えながら会社に通わなければなりません。

よほどメンタルが強い人でない限り、もらったからには返すことをおすすめします。

それではバレンタインデーのお返しをできるだけ低コストで相手も満足するような物を用意するにはどうすればいいのでしょうか。それは…

バレンタインデー翌日にお返しを買いに行きましょう。

そう、バレンタイン関連商品の割引を狙うのです。

いやいや、それはさすがにバレるでしょ・・・ お返しにチョコってどうなの?

いえいえ、割引されているのはチョコだけではありません。
現在はバレンタインデー関連商品も多様化しており、クッキーやケーキなどホワイトデーにあげても違和感がないものも販売されています。

しかし、一つ問題があります。

梱包がバレンタインデー仕様なのです。

その問題の解決方法は簡単です。

100均で梱包を購入すればいいのです。

つまり、バレンタインデーの売れ残りの割引商品を買い、梱包だけホワイトデー仕様にする

これだけです。

もちろん1ヶ月保管しなければいけませんので、賞味期限が十分ある物を購入して下さいね。
この方法をつかえば普通にホワイトデー前日にお返しを購入するより、ずっと安く良いものを購入することができます。同じ値段でより豪華なものを渡せますので、お互いに得をしますね。

ですが…結局の所、一番良いのは会社側がバレンタインデーのやり取りを禁止することです。
こうすれば”渡さなくて良い理由”ができますので、気を使って渡す必要も返す必要もないのです。

こういうことに悩まなければいけないのもサラリーマンの苦しい所ですね…
早く脱サラしてこういうイベントとは無縁の生活をしたいものです。

コメント