テンキーは左? 両手をフルに使って時間節約

スポンサーリンク

皆さん、PCを操作する時、テンキーはどこにありますか?
大体の場合、キーボードの右側に付いているのではないでしょうか。

私はコレが邪魔でしょうがなく感じていました。
キーボートのエンターキーの右側には矢印キーがあり、そのさらに右にテンキーがあります。

そして、机のスペースが狭いと、キーボードの右側にマウスを置かなければなりません。
そうなるとキーボードを操作しやすい位置に置くとマウスが右に行き過ぎて操作しづらくなり、マウスを操作しやすい位置におくとキーボードが左によりすぎて操作しづらくなります。

そしていざテンキーを操作しようとした時、マウスから手を離さなければ操作できません。
マウスを離すと、マウスが少しぶれます、ぶれないように慎重に離すと、時間がかかります。

これらがストレスになり、キーボードをテンキーレスに交換

USB接続のテンキーを別途購入しました。

するとどうでしょう、マウスとキーボードを操作しやすい位置に配置できますし、マウスをガッチリホールドしながらテンキーで数値の入力ができます。

つまり、数値を入れる、カーソルを動かす、また数値を入れるという工程が
シームレスにできるということです。

一つ一つの入力はそこまで変わらないかもしれませんが、ずっと繰り返し行うことですので、小さな時間の節約の積み重ねがやがて大きな差になります。

ところで、購入した、キーボードやテンキーが高すぎることを疑問に感じた方もいるのではないでしょうか。
節約ニートを目指してるくせにそんな高級なもの買って贅沢じゃないの?と思うかもしれません。

いえいえ、キーボードやテンキー、マウスなどの入力装置への投資は時間や快適性を手に入れる上で非常にコスパがいいのです。

PCのCPUやメモリ、グラフィックボードなどは5年もすれば陳腐化し、買い換えることになるかもしれませんが、キーボードや、テンキー、マウスなどの入力装置はそのまま持ち越せます。
そして、ある程度の高級品を買えば、快適に使用できますし、長持ちします。
リアルフォースシリーズのキーボードなどは10年は余裕で持つそうです。

一方、安物を何度も買い換える場合は、買い換えるお金もかかりますが、それ以上に単に使いづらかったり、次にどんな製品を買うか考える時間や、製品を買う時間、買った後の製品になれる時間など、時間を犠牲にする場面が多く出てきます。

時間を無駄に使っていては節約ニートになる準備時間を確保できませんよね。

急がば回れではありませんが、PCの入力装置への投資はとてもおすすめですよ。

コメント