働きたくない気持ちを持ち続けるために

スポンサーリンク

初めまして、ウォレットンと申します。

現在サラリーマンですが、働きたくないという気持ちをモチベーションに、節約や投資、同人活動に励んでおります、いつかこの気持がなくなってしまうのを防ぐため、決意表明という意味でブログを開設しました。

みなさんは働きたくない気持ちを持ち続けていますでしょうか?

おそらく多くの人が働きたくないと思いながら会社に行き、給料をもらうためにしょうがなく働いていると思います。

しかし、会社で周りをみると働きたくない気持ちを忘れてしまっている人がいるのではないでしょうか、辛い仕事も喜んでこなし、事あるごとに仕事論を語り、定年まで会社のために尽くすことが当たり前だと思っている人です。素晴らしい人だと思います。会社にとっては・・・

そういう人は、本当に仕事が好きで、ずっと働くことが本人にとって幸せな場合と、本能では働きたくないのに働くことが幸せだと勘違いしている場合があります。

前者なら全く問題ないとおもいますが、後者ですと心や体に無理がかかり、知らない間に体調をくずし、今後の人生が不幸なものに変わってしまうこともあります。

わたしがもし働きたくない気持ちを忘れてしまった場合は間違いなく後者になります。

私はそんな人生、まっぴらごめんです。

会社で働くというのはそれだけ人にとって負担になります。1日8時間、残業があれば12時間以上働くことだってあります、その間はストレスを常に抱えながらやりたくもない仕事をし、屁をこくことだって許されません。さらに生活は会社の都合に合わせなければいかず。持病があっても平日に病院に行くことは難しいですし、残業が長くなった日はまともな夕食も取れません、大切な睡眠時間だって削らずにはいられなくなります。朝体調が悪くても決められた時間に起きてフラフラしながら通勤しないといけないのです。

そんな生活、健康に良いはずがありません、会社で働くということは確実に命を削っているのです。もし国民全員が働かなくて良いのであれば平均寿命は間違いなく長くなっているでしょう。

なんでそこまでして働かないといけないのか?

そう、お金のためですね、人はお金がないと生活していけません。たとえ山の中で時給自足の生活をしたとしても住民税や健康保険は確実にかかります。そのお金は国や行政から医療費控除や年金などのサービスを受けるために必要なお金ですが、断ることはできず払うしか無いのです。

もちろん自給自足生活も人によってはかなり辛い生活です、私もネットも漫画もない生活なんて想像しただけでつらすぎます。

ですので、私の目的は会社に依存しない方法で必要最小限の収入を得ながらできるだけ好きなことをして生きていく「働かない生活」を実現することです。

そのために必要なことが

・節約で生活コストを下げること
・投資などで不労所得を増やすこと

の2点になります。

生活コストが下がればその分、不労所得も少なくてすみますし
不労所得が増えれば生活もそこまで切り詰めなくてもよいのです

つまりこの2つを同時に実践していくことが働かずに好きなことをして生きる「ニート生活」への近道なのです。

このブログでは「ニート生活」を実現するために5年で1000万円貯める節約方法や、貯めたお金を活用する方法などを解説してゆく予定です。

失敗談なども含めて興味を持っていただける記事を書いていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

コメント