デメリットだらけ? 会社の飲み会で得るものと失うもの

スポンサーリンク

皆さんは会社の飲み会にはどれだけ参加させられているでしょうか?
私は3ヶ月に1回程くらいでしょうか、断れるチャンスがあれば断りますが、断りきれない場合が多く、不本意ながら参加しています。

さて、会社の飲み会ですが、どのようなメリットがあるか考えてみました。

・飲み会に参加する他の社員からの評価が上がる可能性がある
私の場合、飲み会に参加する際は大抵他の社員からの強い誘いがあるか、上司命令で幹事を押し付けられる場合が多いです。他の社員からすると断られるより行ったほうがひょうかは上がると思います。しかし飲み会に参加してもつまらなさそうな顔でそんなに美味しくない料理を黙って食べていても逆に他の社員からの評価が下がるかもしれません。つまり、

飲み会への参加に同意した評価+飲み会中の評価上昇>飲み会中の評価低下

であれば自分の評価が上がることになります。
メリットはそれだけですね、いろいろな店に行ける? 美味しい料理が食べられる? それは自分ひとりでも達成できることですのでメリットには含まれません。楽しい時間? そう感じられる方は飲み会を楽しむ才能に恵まれた方です。私のように会社をやめてニート生活をしたい方であればそのような才能を持ち合わせているほうが珍しいのではないでしょうか。

それではデメリットについて挙げていきましょう。

・自分の時間が奪われる
会社で一日8時間以上時間を拘束され、やっと帰れるかと思ったら飲み会で数時間拘束されるのです。拘束されるのは飲み会を実施している時間だけではありません、飲み会に行く時間、飲み会から帰る時間を含めるとゆうに5時間程消費することも珍しく無いのではないでしょうか。
二次会などを強制された場合は更に時間を奪われます。
また、飲酒した場合、飲んだ量によっては二日酔いになったり、自宅に帰っても思考能力が低下したりします。それも時間を奪われたことになるのではないでしょうか。そしてその時間には会社での業務時間ことなり残業代も付きません、あまりにも無為な時間の消耗です。

・お金が減る
飲み会は大抵会費がかかります。大体5000円くらいでしょうかもっと安いところも高いところもあるとおもいますが、コレって高すぎませんか?ちなみに私は普段平均すると1食300円程度の食費です。その十倍以上が1食で奪われる、悲惨です。さらに飲み会会場までの交通費も会社からでることはほとんど無いと思います。二次会、三次会などを強制されると更にお金がへり、数万円なくなってしまう場合もあるのではないでしょうか、一体それだけ稼ぐのに何日働かなければならないのか、時間とお金を奪われるために時間を売って働く、これだけ無駄なことはありません。

・誘われる機会が増える
飲み会に1度でも参加したが最後、”こいつ、飲み会にくるんだ”という印象を相手に植え付けてしまいます。そうなるとまた誘われる確率が上昇してしまいます。もちろん断ればよいのですが、上司からの誘いだったり、集団からの同調圧力により、断れない場合がありますよね。こんなのきっぱり断ればよいのですが、断るために口論になったりすると、非常にストレスが貯まります。そしてしょうがなく行くことを約束してしまうと、今度は断れなかった自分に腹が立ち、それがストレスになります。

・健康が侵される
飲み会で出てくる料理、酒などは基本的に体に良かろうはずがないものが多いです。味重視、健康度外視の料理です。野菜なんて最初に僅かなサラダがあるだけですよね。酒も有害です。脳を麻痺させ、毒素が体にたまります。急性アルコール中毒やアルコール依存症になってしまう確率も出てきます。タバコを吸っているかたが周りにいる場合もあります。これも副流煙が健康を犯します。このような毒を摂取することを強制される場が飲み会なのです。さらに、二次会、三次会などがあると朝まで飲んだりする場合もあると思います。

その場合は睡眠不足となり、風邪をひくこともあります。そしてひどい場合は若年性痴呆症になったり、頭の働きが低下し、記憶のが曖昧になって仕事にも影響します。よく、自分の言ったことを忘れたり、こちらが説明したことを間違って覚えているのにもかかわらず、自分の正当性を押し通す上司などがいませんか?私はこれらの大抵の原因は睡眠不足ではないかと思っています。睡眠は記憶の整理を行う時間ですので、その時間がとれないと記憶が散らばった状態になり、事実の行き違いが起きているのにもかかわらず、本人はそれが事実だと思っているため過ちを認めないのです。これじゃあ仕事になりませんよね…

・ストレスが溜まる
飲み会を楽しむ才能がない私のような人にとっては飲み会は楽しむ場ではなく、”楽しむ演技を強制される場”になります。他の社員からの評価を気にし、上司の自慢話などの全く自分が楽しくないことでも笑顔を作り、楽しんでいるふりをしなければなりません。人は自分の思いとは違うことをするとストレスが貯まります。ストレスは万病のもとです。しかも尾を引きますので帰ってからも悩まされます。不眠症になるかもしれん。できるだけ避けたいですよね。

・服が汚れる
飲み会に参加する場合、通勤時に来ていた服で参加する場合がほとんどだと思います。通勤時の服装は会社の規定でスーツというかたもいらっしゃると思います。飲み会の会場というのはそんなにキレイなものではありません、周りの社員達との距離も近いですし、座敷だと地べたに座らなければなりません。食べ物も食べますので食べかすや飲み物が服にかかる場合もあります。タバコのニオイが付く場合もあります。そして服がよごれてもクリーニング代は自腹です。家で洗えない服の場合は悲惨ですよね。

・ものが無くなる
飲み会で多いのが忘れ物です、酒を飲みますし、色々な人のものが密集して置かれていますので自分のものがどこにいったかわからなくなることがあります。皆さんはもし、会場に忘れ物をしてしまい、後日気づいた場合取りに行きますでしょうか? 私の場合は、本当に大切なものであれば取りに行きますが、そうでないものでない場合あきらめます。飲み会会場に連絡して行く時間と費用に釣り合わないからです。つらい選択です。

・不要な人脈ができる
飲み会には親睦を深めるという目的があります。私はそれを望みませんが他の方はそうでもない場合が多いです。そこで下手に反応して気に入られたりしてしまうと、相手が距離を近づけようとしてきてしまいます。そうなると不要な人脈ができ、行きたくもない”遊び”と称するものに付き合わなければならなくなります。私にはそういったものを楽しむ才能がありませんのではっきりいって迷惑なのですが、会社に努めている以上そうはいきません。サラリーマンの辛いところです。

・店に出禁にされる
無駄に盛り上がると、そこらじゅうで吐いたり、店の物を破壊する人が出てきます。そうなると大抵の場合、その場にいる人全員が店に出入り禁止にされます。私の場合そんな店に行くことはないので特に問題はありませんが、もし自分のお気に入りの店だったりした場合は最悪ですよね。一見まともに見える人がアルコールの毒によりハメを外して出禁になってしまう。悲しい瞬間です。

以上が飲み会のデメリットです。
なかなかの多さですね…これで飲み会がいかにデメリットが多いことかお分かり頂けたかと思います。皆さんも飲み会の参加する場合はメリットとデメリットを考えてご出席下さい。

コメント