他人にこそ素直に、トラブル回避で時間節約

スポンサーリンク

仕事中やプライベートに、思いもよらない注意を受けたり、よくわからない会話をふっかけられることはありませんか?
例えば私の場合、駐輪場にバイクを止めようとした時、いきなり「ここにバイクは停めるな」と言われたことがあります。特に排気量の指定もなく、ほかにバイクも停めている駐輪場です。
おそらく混み合っていたので自分の自転車を止めるために場所を空けたかったんだと思います。
そこで私は言ってやりました。

「すみません、場所を移しますね」

近くに他の駐輪場があったため、そちらに移動して事なきを得ました。もしこれに歯向かっていたらどうなっていたでしょうか?

まず、言い合いになります、相手はたとえそれが論理的におかしい理由であっても主張を通そうとしてくるからです。そうなると「ここにバイクは停めるな」「停めてもいいでしょ」これが繰り返され、時間が消費されます。その後言い合いに根負けしたほうが従うことになります。
結局バイクを移動することになった場合、言い合いしていた時間が無駄になります。もし、しつこく言い合いして停める権利を獲得した場合もリスクが伴います。言い合いして根負けしたほうは特にストレスが溜まってしまいます。そのストレスをどう解消するのでしょうか?そうです、停めたバイクを私が見ていないところで傷つけたり、倒されたりする危険性も出てきます。

このような時間の消費とリスクを伴うのであれば、素直に従って少しのストレスと労力に耐えたほうがお得ですよね。一時の感情をぶつけては損をするだけです。
とはいっても、本当に自分が危険な目にあうとか、金銭的に大きな被害を受ける場合にはとっとと警察に連絡しましょう、素直に従うことで大きな被害を受けてしまっては大損です。まあこういうトラブルのほとんどは少し我慢をすれば済むくだらないことの場合が多いと思いますが。

仕事中でも同じことが言えます。よくあるのが、いろいろ質問をしていると
「少しは自分で考えろ」それに従って自分で考えて何かをして失敗すると
「勝手なことをするな」と理不尽な注意をされることです。そこでも「自分で考えろっていったじゃないですか」なんて言っては損をします。「はい、分かりました、申し訳ありません」と素直に謝りましょう。
そして、言い合いで無駄になるはずだった時間を仕事時間にあてて、自分で考えてなにかやっても怒られないというレベルを目指しましょう。そのほうが上司との関係も良くなり、余計な嫌がらせや報復的な仕事の采配をされなくて済みます。なにより仕事で時間を無駄にするということは残業時間の増加に繋がります、そうなるとプライベートの時間を削られることになりますから私的には一番きついことです。

ただし、家族や友人など、自分と深く関わる人の場合はちゃんと自分の意見を言うことをおすすめします。そういう仲であればちゃんと意見を尊重してくれますし、話し合いでより理解し合えます。長く深く付き合っていくのに上辺だけの付き合いをするのは寂しいですからね。

つまり、家族や友人などの親しい人以外の深く関わりたくない他人にはとにかく素直でいることで自分の大切な時間が奪われる量を節約できるということです。せっかくの人生、赤の他人とのストレスフルな時間は最小限にしたいですよね。

他人にこそ素直に、ご理解いただけましたでしょうか?

コメント