実は同じ心理?ソシャゲと会社が辞めづらい理由

スポンサーリンク

皆さんはソシャゲをやったことはありますでしょうか?私もいくつかやっていたりします。
時間とお金を浪費するのはわかっているのですがなかなかやめられない…
ふと思ったのが、この感覚は会社の退職を考えたときの心理と似ていることです。

会社で働くこと、ソシャゲを遊ぶこと、一見するとまったく違うことのように思えますが実は労働と報酬という点でいえば同じといえます。

会社では仕事することでお金がもらえます。ソシャゲはゲームをプレイすることでゲーム内通貨や新しいキャラクターがもらえます。違いといえば会社はお金がもらえる代わりにつまらない、ソシャゲはお金がもらえない代わりに面白いということです。もちろんそうじゃない人もいるでしょう、しかし、仕事が面白くてたまらない、ソシャゲがつまらない、そんな人はソシャゲなんてやらないとおもいます。

何かしらの不満があり、手軽な楽しみを求めている方がソシャゲをプレイしているのではないかと思います。

そんなソシャゲも最初はおもしろくてもやっているうちに飽きてきます。でもそこでスパッと辞められる人は少ないのではないでしょうか?
そんな飽きた状態でも今まで獲得したキャラクターや上がったレベル、課金した金額、もありますし、ちょっとプレイすればそれなりの満足感を得られます。

これって会社を辞めたくなった時の心理に似ていると思いませんか?
会社での仕事にもなれ、それなりの人間関係も構築し、給料もそれなりにもらえるでもこのまま続けていいのか?どうしようか迷っている状態です。

この二つの状態に共通しているのは今までに築いたものを失うことを惜しいと思っている心情ではないでしょうか?

ここで大切なのは損切という考え方です。損切というのはFXなどの投資で損をしている状態でこれ以上損をしないよう損失を確定することを言います。

これ以上会社に勤めていてもこの先いいことがなさそう、これ以上ソシャゲを続けても無駄になるだけだ…
そう思ったのなら辞めましょう、今まで築き上げてきたものは捨てることになりますが。会社を辞めても今までかかわってきた人と完全に他人になるわけではありませんし、ソシャゲを辞めてもアカウントが残って入ればまたいつでもできます。

これ以上不幸にならないために、現状から損切して新しい幸せを目指しましょう。

コメント