消費税10% 増税前に急いで買わなくて良い3つの理由

スポンサーリンク

2019年10月から消費税が10%になってしまいますね。節約を推しているサイトとしては悲しい事態です。しかし、増税するからといって急いで今買い物をするのがお得かというと、実はそうでもないんです。今回はその理由について説明します。

1.日用品は8%のまま
スーパーで売っている食料品や生活必需品は税率が8%のまま変わりません、急いで買って部屋の貴重なスペースを圧迫すると逆に損です。ただし、酒やたばこ、薬などは増税の対象だそうです。酒とたばこについてはこの機会に辞めてしまうのが正解かもしれません。

2.得をするのはたったの2%
税率は8%→10%になります。増えたのは2%、1万円の商品で200円です。
洗濯機や冷蔵庫をかうとして5万円かかったとしても違いは1000円です。
考えてみて下さい、5万円で買った冷蔵庫を10年使うとすると1年あたりのコストは5000円ですよね。逆に考えると1000円で1/5年、つまり2.4か月分です。そうなると今使っている冷蔵庫を増税前に買い替えずに2.4か月以上使えば損はしないわけです。

ようするに、今使っているものを限界まで使った方が増税前だからといって早く買い替えるよりずっとお得だということです。

3.冷静さを失っている
増税するから急いで買わなければいけない、この思考になった時点であなたは普段の冷静さを失っています。いままで急いで買って後悔したものはありませんか?
本来ものを買うべきときは壊れたり、環境や嗜好が変わったりした場合です。そうでないのに買うと失敗する確率が上がります。買い物を失敗しないためにも、もしほしいものがあったとしても2%は勉強代だと思ってしっかり検討してから買った方が結果的にはお得になる確率が上がると私は思っています。

以上が、増税前に無理に買わなくていい理由になります。世の中のもののほとんどは消耗品であり、いずれ壊れます。天寿を全うしてから買い替えたほうが安くなるのは明白です。
節約のためには焦らずじっくり買い物しましょう。

コメント