増税でむしろ収入UP 低所得フリーランスが増税で得する方法

スポンサーリンク

いよいよ今日から消費税が8%→10%に増税されます。そのおかげでしばらくは消費者の財布の紐が固い状態が続きそうです。しかし、この増税、それほど収入の多くないフリーランスにとってはむしろ得をするんです。その理由を説明します。

・個人事業主は年収1000万以下であれば消費税を納税しなくてよい
誤解されないように先に言っておきますが、商品を買うときにはもちろん消費税がかかります。
ここでお話しするのは確定申告で納めるお金のことです。

所得に応じて納める必要のある所得税や住民税ですが、納税事業者(消費税を納める必要のある事業者)であれば消費者から預かった消費税(経費で払った消費税は差し引く)を納める必要があります。ですが、年収が1000万以下(正確には2年前の収入が1000万以下)であれば納税事業者にはならず、消費税の納税を免除されます。

つまり、取引相手から消費税とともにもらったお金が、消費税分も利益になるわけです。
ずるいと思うかもしれませんが、経費でものを買うときに消費税を支払っているわけですから、取引相手から消費税を頂くのは当然です。

ここで勘のいい方であれば気づくと思います。そう

経費率が低いほど増税で得をします

つまり、プログラミングや動画編集、イラスト作成など、経費が電気代くらいしかかからないものであれば取引先から頂いた消費税がそのまま利益につながるということです。

もちろん年収が1000万円を超えた場合は申請して消費税を納める義務が発生します。ですので1000万を超えないようにゆったり休みつつ仕事をしましょう。

コメント